header
header

Cubase 13 操作ガイド(初心者向けコース)−暫定公開中−

Cubase 13 operation guide (beginner course)

〔初回掲載(暫定公開): 2024.4.20、最終更新: 2024.5.24

このページは初めて Steinberg Cubase(キューベース)を使用するビギナー、初心者向けの簡単な使い方ガイド、初心者講座として作成されています。

このガイドは下記の環境を前提にしています。

  • 前提とするCubase: Cubase Pro 13
    (Cubaseのインストールとアクティベートが完了していること)
  • プラットフォーム: Windows 10Home 64bit

なお、このコンテンツはCubase13のガイドではありますが、それ以前のバージョンでも参考になると思います。


11. ボーカルのピッチとタイミングを補正する(VariAudio)〔60分〕
12. ギターのタイミングを補正する(Free Warp)〔60分〕
13. ボーカルにハーモニーを付ける〔30分〕
14. Control Roomを使ってモニターする〔10分〕
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
これ以降は制作中です。内容はCubase12のままです。構成は変更する予定です
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
4.ミックスする [Cubase 12]
5.2MIXを書き出す [Cubase 12]
6.音圧上げてマスタリングっぽいことをする [Cubase 12]



1. プロジェクトを作る〔30分〕

ここでは基本的な設定を施した空のプロジェクトを作ります。

(1) Cubaseを起動する
(2) オーディオドライバーの設定
(3) プロジェクトの新規作成
(4) プロジェクトを保存し、Cubaseを終了させる
(5) Cubaseを起動してプロジェクトを読み直し、基本的な設定を行う

2. 最低限実施しておきたい環境確認〔30分〕

最初に実施しておいた方がよい環境確認を行います。

(1) Cubaseが音を出せる状態かを確認する
(2) Cubaseが音を録音できる状態かを確認する
(3) CubaseがMIDIキーボードで打ち込みができる状態かを確認する

3. ちょっと打ち込みしてCubaseの基本的な操作に慣れる〔120分〕

4小節程度のちょっと打ち込みをすることによって、Cubaseの基本的な操作を行ってみます。
ここではインストゥルメント(VSTi)はHALion Sonic 7だけを使います。

(1) テンポとMIDI録音モードの設定
(2) ドラム用トラック作成と簡単な打ち込み(4小節)
(3) ベース用トラック作成と簡単な打ち込み(4小節)
(4) ピアノ用トラック作成と簡単な打ち込み(4小節)
(5) ストリングス用トラック作成と簡単な打ち込み(4小節)
(6) 簡単な操作になれる(よく使うショートカットになれる)

4. インストや耳コピの元音源を読み込む〔10分〕

ここではプロジェクトにインスト(カラオケ)や耳コピの元音源のオーディオファイルを読み込み、オーディオトラックを作ります。

(1) 不要なトラックをミュートします
(2) オーディオファイルを読みこむ
(3) オーディオトラックが再生できることを確認する

5. 読み込んだインストや耳コピの元音源からテンポトラックを作る〔10分〕

Cubaseの「テンポ検出」を使って、オーディオイベントからテンポトラックを作ります。

(1) メトロノームクリックが合わないことを確認する
(2) オーディオイベントからテンポトラックを自動生成する
(3) 拍子の調整
(4) テンポトラックエディター
(5) プロジェクト画面のテンポトラックと拍子トラックを削除

6. 読み込んだインストや耳コピの元音源からコードトラックを作る〔10分〕

オーディオイベントからコードトラックを作ります。

(1) 空のコードトラックを作る
(2) オーディオイベントからコードを検出する
(3) コードトラックでピアノやストリングスを鳴らしてみる

7. 耳コピの元音源のオケとボーカルを分離する〔20分〕

Cubaseに付属するSpectraLayers Oneを使って耳コピの元音源からオケとボーカルを分離します。

(1) SpectraLayers Oneで耳コピの元音源のオケとボーカルを分離する
(2) オケとボーカルを個別にオーディオトラック化する
(3) 耳コピの元音源でSpectraLayers Oneの使用をやめる

8. ループ & サンプルを使ってみる〔30分〕

Cubaseに付属するループ & サンプルを使ってみます。

(1) ループ & サンプルの開き方
(2) メディアの種類とプレビューセクションの設定
(3) ループ & サンプルをプロジェクトに反映するには
(4) 作業後の確認

9. 本格的に打ち込みする〔120分〕

本格的に打ち込みするために役立ちそうな情報をまとめます。

(1) Groove Agent SEを使う
    A. 太鼓を個別に打ち込む
    B. プリセットパターンを打ち込む
    C. プリセットパターンをトラックに貼り付けて編集する
(2) PadShopを使う
(3) Retrologueを使う
(4) フォルダートラックの使い方
(5) 普段は下ゾーンの使用をやめる
(6) パートの編集(消す、切る、伸ばす、分割する、動かす、コピーする..)
(7) 耳コピをどうすすめるか
(8) オリジナル曲の打ち込みをどうすすめるか
(9) 打ち込みが終わったことにします

10. ボーカルとギターを録音する〔60分〕

ボーカルとギターを録音します。ここではボーカルはマイク1本でのモノラルで、ギターはアンプシミュレーターを通してステレオでライン録音する例を示します。

(1) メトロノーム、録音モード(共通、オーディオ)とオーディオコネクションの設定
(2) ボーカルを録音する
(3) ギターを録音する

11. ボーカルのピッチとタイミングを補正する(VariAudio)〔60分〕

Cubaseの機能であるVariAudioを使ってボーカルのピッチとタイミングを補正してみます。

(1) 元に戻せなくなった場合に備えて
(2) VariAudioのアクティベートと設定
(3) モニター方法と試聴(Audition)について
(4) ピッチの補正
(5) タイミングの補正
(6) VariAudioでの補正のバイパス
(7) 補正の取り消し
(8) 補正の結果の恒久化(フリーズ)

12. ギターのタイミングを補正する(Free Warp)〔60分〕

Cubaseの機能であるFree Warpを使ってギターのタイミングを補正してみます。

(1) 元に戻せなくなった場合に備えて
(2) Free Warpのアクティベートと設定
(3) モニター方法と試聴(Audition)について
(4) タイミングの補正
(5) Free Warpでの補正のバイパス
(6) 補正の取り消し
(7) 補正の結果の恒久化(フリーズ)

13. ボーカルにハーモニーを付ける〔30分〕

録音済みのボーカルにハーモニーを付けてみます。
元のボーカルからハーモニーボイスのオーディオトラックを作成し、これを一緒に鳴らすことでハーモニーを付けます。

(1) VariAudioで手編集でハーモニーを付ける
    A. ボーカルイベントをコピー
    B. VariAudioの設定
    C. ハーモニーボイスの手編集
(2) Cubaseのハーモニーボイスの生成 (Generate Harmony Voices)を使う

14. Control Roomを使ってモニターする〔10分〕

ここまでCubaseを操作してきて、モニタリングの音量を調整するのにStereo Outのフェーダーを操作するのが面倒、とか、メトロノームクリックの音量を簡単に調整したいケースがあったと思います。
それらの問題はControl Roomという機能を使ってモニターすることで解決する場合があります。
ここではControl Roomを使えるようにします。

(1) 音声出力設定の変更
    A. オーディオコネクションの設定変更
    B. Control Roomの設定
(2) モニター音量の調整
(3) メトロノームクリック音量の調整


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
これ以降は制作中です。内容はCubase12のままです。構成は変更する予定です
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

4.ミックスする [Cubase 12]

ここではいわゆる "2MIX" を作るためのミキシングを行います。

(1) Cubaseを起動してプロジェクトを開く
(2) ルーティングと各トラックの状態確認
(3) ルーティング
(4) ボーカルトラックにプラグインをインサートする
(5) ソロ、ミュートとプラグインのバイパス
(6) ボーカルトラックからセンドするFXチャンネルトラックを作る
(7) 各トラックの音量バランスをとる
(8) マスターチャンネルの音量レベルを調整する
(9) プロジェクトを保存してCubaseを終了させる

5.2MIXを書き出す [Cubase 12]

ここではミキシングした音声を "2MIX" としてオーディオファイルに書き出します。

(1) Cubaseを起動してプロジェクトを開く
(2) Cubaseのオーディオミックスダウン機能について
(3) 2MIXの書き出し
(4) 書き出したWAVファイルの持ち出し
(5) プロジェクトを保存してCubaseを終了させる

6.音圧上げてマスタリングっぽいことをする [Cubase 12]

ここでは 2MIX の音圧調整して、完成品としてオーディオファイルに書き出します。音圧は YouTube にアップロードすることを想定して -13.5 LUFS 前後に調整することとします。

(1) Cubaseを起動して、プロジェクトを作る
(2) 2MIXを読みこむ
(3) 2MIXの状態をチェックする
(4) エフェクトプラグインを挿し、設定する
(5) 書き出して結果を確認する
(6) 再書き出しを準備する
(7) プラグインの設定を見直して再度書き出す
(8) 書き出したWAVファイルの持ち出し
(9) プロジェクトを保存してCubaseを終了させる