サンプル:インプットトランスフォーマー【C10、C10.5】

Cubaseのインプットトランスフォーマー(Input Transformer)はMIDIキーボードコントローラーたMIDIパッドなどのMIDI入力機器から送信されたMIDI情報をトラックに記録する前に内容変更やフィルタリング(破棄)する機能です。

このページはインプットトランスフォーマーの設定例を集めたものです。

〔2020.1.15 最終更新〕

サンプル一覧

No 処理内容 分類
1特定のMIDIチャンネルのMIDI情報のみを受け取る フィルタリング
2指定した音域のノート情報を破棄する フィルタリング
3 鍵盤演奏の強弱を一定にする フィルタリング
4 ノートオンをプログラムチェンジに変換する 変換

1.特定のMIDIチャンネルのMIDI情報のみを受け取る

MIDIチャンネル10番のMIDI情報を受け取る指定。

sample01

2.指定した音域のノート情報を破棄する

C1〜B1までのノート情報を破棄する指定。

sample02

3.鍵盤演奏の強弱を一定にする

鍵盤演奏のの強さ(ベロシティ)を64に固定する。

sample03

4.ノートオンをプログラムチェンジに変換する

この設定はMIDIキーボードの鍵盤やパッドを押したときに発信されるノート情報を使って音色切り替えを行いたい場合などに使えます。

この設定例は下記のことを行っています。

@ MIDIキーボード等から受信したMIDIメッセージのうち、C3の鍵のノートオンメッセージを処理対象にする
A 対象ノートオンメッセージをプログラムチェンジに変更する
B プログラム番号(音色番号)は一律 10 をセットする
画像では"A#-2"になっていますが、これは数値10を入力したときに勝手に変換されてしまいます。
また、1〜128番のプログラム番号はMIDIメッセージの中では0〜127です。ここでは音色番号+1の番号を入力する必要があります。
C この処理は「変換」である
sample04



更新履歴
2020.01.15 『4.ノートオンをプログラムチェンジに変換する』を追加
2019.06.24 新規掲載

【関連情報】