aredo

プロジェクトのロジカルエディター(PLE)を使う - Cubase

CubaseにはMIDIイベントの一括編集用の"ロジカルエディター"とは別にプロジェクト全体を処理対象とした"プロジェクトのロジカルエディター(PLE)"があります。

プロジェクトメニュー

このページは Cubase のPLEの使用例を示します。

〔2022.01.19 新規掲載、2022.03.10 最終更新〕



1.中身が空のMIDIパートを赤色に着色する

打ち込んだMIDIイベントを編集した結果、パート(トラック上の器)が空になる場合があります。
この空のパートを洗い上げるにはPLEが便利です。対象を削除してしまう事も可能ですが、ここでは赤色で着色するにとどめた例を示します。

PLEパネルの設定内容です。"適用"を押下すると処理が行われます。
意図したように処理されなかった場合は直ちにアンドゥ([Ctrl]+[Z])しましょう。

PLEパネル


下の画像は処理前と後を示したものです。

処理前後


2.指定した文字列を含むマーカーイベントをセレクトする

プロジェクトのロジカルエディター使用して指定した文字列を含むマーカーイベントをセレクトできます。
画像はイベント名に "here" という文字列を含むマーカーイベントをセレクトする例です。
セレクトした後に[P]キーを押せば左右ロケータにポジションがセットされます。テンキーパッドの[1]を押すことで選択されたマーカイベントにジャンプできます。

マーカーセレクト






更新履歴
2022.03.10 「2.特定の文言を含む〜」を「2.指定した文字列を含む〜」に変更
2022.03.09 「2.特定の文言を含むマーカーイベントをセレクトする」を追加
2022.01.19 新規掲載